So-net無料ブログ作成

So-netクルマ編集部ブログ

I の取材日記 ブログトップ

「アルファ 8C コンペティツィオーネ」【Part.2 / 8Cお披露目編】 [I の取材日記]

 

...焦らされ、テンションを上げられた状態で、まだ暗い本番ステージ脇へ。
ラテン系メーカーのステージは、情感的な盛り上げが上手い。しかもモノが
Alfa Romeoの新型とくれば、会場の期待感は否が応にも盛り上がる。

ステージに浮かび上がる、ブラックボディ(46万円のオプション)を纏う8C。
Part.1で紹介した『Tipo33/2』の血筋が随所に感じられるスタイリング。 

 

FIAF AUTO Japan のサラ広報本部長が、FIATのエグゼクティブ達と共に
壇上へ。 そしてついに、本当に久し振りとなる、このAlfaブランドのスーパー
スポーツの発表が誇らしげに告げられた。

続きを読む


2007-04-05 14:30  nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

世界500台限定!「アルファ 8C コンペティツィオーネ」【Part.1/Tipo33編】 [I の取材日記]

「絶賛のコンセプトカーが、そのまま市販化!」 「全世界500台の限定生産!」 
「日本の割り当て70台、予約完売!」 「車両本体価格:¥22,590,000 !」

...全世界から、熱狂と羨望のもとに迎えられたスーパープレミアムなグランツーリスモカー『Alfa 8C Competizione』の実車がついに、日本にやって来ました。

アルファレッド一色に飾られた東京・品川の『THE GRAND HALL』の
特設会場エントランスに置かれたのは、『Alfa 8C Competizione』 と同じ
V型8気筒を積み、第二次大戦後のグランツーリスモカーの中で最も
美しいと言われた、真っ赤なボディも眩しい『Alfa Romeo Tipo33/2』 

続きを読む


2007-04-05 14:00  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

タイムマシーン・フェス Part2/Fomura1編 [I の取材日記]

3月25日、富士スピードウェイで行われた「タイムマシーン・フェスティバル」のもう一つの目玉は、ズラリと並べられた往年のF1マシーン達の実車の展示&サーキット走行。 

これは珍しい、アルファロメオのF1マシン『197C-04』と、そのコクピット。
現在のF1では常識のデジタル・メーターの類が一切無いところに、時代を感じる。

続きを読む


2007-04-02 21:53  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

タイムマシーン・フェス Part1/SKYLINE編 [I の取材日記]

3月25日(日)、猛烈な濃霧に包まれた富士スピードウェイにて、往年の名車&ドライバーが集う祭典、「タイムマシーン・フェスティバル」が開催されました。

「走る博物館」と言われるこのイベント、1970~近年までの歴代FIマシーンやグループA、GTカーやワンメイクマシンなどが大集結。
往年のドライバー自ら運転するデモ走行やクラブミーティングも盛況で、悪天候を吹き飛ばす大勢のファンの熱気が富士スピードウェイを賑わせました。

特に今年は、スカイラインの誕生50周年を記念して、歴代のGT-Rが集結。

続きを読む


2007-03-30 14:37  nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

◆やっぱり都会も似合います◆ [I の取材日記]

箱根の試乗会でB-Classを見た時、エッジの効いた彫刻的なパネルの造詣や透明感
のある光沢塗装がさぞかし、都会のネオンや夜景に似合うだろうなぁと思ったものです。

で、今回は様々なボディカラーを揃えたB-Class展示スペース in 表参道ヒルズからの
Photoレポートです。

これが「B 170:ホライゾンブルー」

そして「B 200:ポーラーシルバー」

続きを読む



I の取材日記 ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。